スポンサーリンク

【オカルトファンタジー×一話完結】アニメ『xxxHOLiC(ホリック)』のあらすじや感想

アニメ XXXHOLiCの画像
出典:xxxHOLIC サウンド・ファイル https://www.amazon.co.jp/

悩みを抱えた人がふと訪れてしまう、とある館。
一人の少年が館を訪れたことによって物語は始まります。


CLAMP原作の漫画をアニメ化。
人々の心の闇をミステリアスに描く、オカルトファンタジーです。

あらすじ、キャスト、感想などをネタバレ部分は隠してご紹介します。

霊感体質の高校生、引き寄せられるようにたどり着いた場所は「どんな願いもかなえてくれる店」だった

あらすじ

普通の人には見えない「アヤカシ」。

そのアヤカシが見え、なぜか好かれやすい男子高校生「四月一日 君尋(わたぬき きみひろ)」は、
その日もアヤカシから逃げるためたどり着いた場所は「願いを叶える店」だった。

店の女主人「壱原 侑子(いちはら ゆうこ)」は、願いを叶えるためには相当の「対価」が必要だと告げる。

霊感体質を治すため四月一日はその対価として、半ば強制的にバイトとして働くことに。

バイトとして働いていく中で、その店に訪れる様々な人、願い、人々の心の闇を垣間見る・・・

不思議な女主人の「壱原 侑子」。なぜかアヤカシに好かれる「四月一日 君尋」。
そこに取りまく様々な「人」と「アヤカシ」の存在が織りなす一話完結のオカルトファンタジーです。

こんな方にオススメ!
  • 一話完結の作品が好き
  • 幽霊や妖怪などオカルト系が好き
  • CLAMP作品が好き
  • 淡々と流れるストーリーが見たい
  • 世にも奇妙な物語が好き

キャスト

四月一日君尋(わたぬき きみひろ)

私立十字学園に通う高校生。
「アヤカシ」という普通の人は見えないものが見え、そしてなぜか好かれる霊感体質の持ち主。

アヤカシから逃げている最中に「願いを叶える店」に辿り着き、
店の主人「壱原 侑子」に出会う。

日本語吹き替え:福山潤


壱原侑子(いちはら ゆうこ)

願いを叶えたい人がたどり着く不思議な店の女主人。
願いを叶える代わりに同等の対価をもらう。

妖艶でミステリアスな雰囲気の時もあれば、お酒好きでおちゃらけたりところもしばしば。

四月一日の料理が大好きで、お酒のつまみをいつもわがまま放題でお願いする。

不思議な力と、店の倉庫にはたくさんの不思議な品が置かれている。

日本語吹き替え:大原さやか


百目鬼静(どうめき しずか)

私立十字学園の高校生で四月一日の友達。
弓道部に所属しており、成績優秀、運動神経抜群で女子からの人気も高いが、朴念仁で本人はあまり気にしていない。

実家がお寺で、祖父は除霊なども行う力の持ち主だったが、本人は見る力はない。
なんだかんだで四月一日に危険に迫った時は助けてくれる。

日本語吹き替え:中井和哉


九軒ひまわり(くのぎ ひまわり)

私立十字学園の高校生で四月一日の想い人。
誰に対しても笑顔で明るく接する優しい性格だが、天然なところがある。

四月一日のアピールには一切気づいていない。

日本語吹き替え:伊藤静

感想、見どころ(ネタバレなし)

見どころポイント
  • 妖怪やもののけ、嘘か誠か、噂や言い伝えが面白い
  • 徐々に謎が明かされるストーリーが楽しい
  • 劇的な展開はなく、淡々と進むストーリー
  • CLAMP作品好きにはたまらない

CLAMP原作の漫画『xxxHOLiC(ホリック)』のアニメ版です。

ストーリーは、霊や妖怪的な立ち位置の「アヤカシ」に憑かれやすい少年が不思議な店で働くことになったことから始まるのですが、そこに訪れる人の「願い」から人間の闇が見えるちょっと怖面白い内容です。

例えば、「夜中に爪を切ってはいけない」という言い伝え。
聞いたことがある人もいると思いますが何故だかご存じでしょうか?

そういった言い伝えの「由来」を紐解く話もあって、都市伝説とか昔からの言い伝えが好きな人には楽しめる作品だと思います。

「世にも奇妙な物語」とか「笑うセールスマン」のようなジャンルに似てると思いますね。
ちょっと怖い、奇妙、不思議が詰まってます。

劇的な展開はなく、淡々とストーリーが展開されていきます。
ですが、四月一日がアヤカシに好かれやすい理由や想い人であるひまわりちゃんの謎。

いくつものフラグを話が進むにつれて回収していく感じがゾクゾクしました。

日本に伝わる妖怪「座敷童」や「天狗」などをCLAMPならではのキャラクターで表現されているのも良かったですね。

実はこちらの作品は同じCLAMP作品の『​ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』とリンクしているようで、
それを知るともっと謎が解明されるようです。

CLAMP作品は、他の作品同士でそれぞれ繋がりを持たせてるので「これってあの作品のあのキャラクターだ!」という喜びもあったりします。

こちらはアニメ版ですが、原作もおすすめです。

自分が知ったCLAMP作品は、ゴリゴリに煌びやかなかなり濃い感じのイラストでそれが気に入ってよく読んでいました。

『東京BABYLON』『聖伝』『X(エックス)』。

有名なところだと『魔法騎士レイアース』でしょうかね。

ゴリゴリなCLAMP作品たち

このホリックという作品を知って、線の細いタッチもいいなと感じるようになりました。

綺麗なタッチのイラストで、単行本もそれぞれ小口(本の前側の断面)部分が巻数によって色を変えてたりかなり凝ってるんですよね。

ホリックの原作はこちら

そして、本作品での推しはやっぱり「百目くん」ですね。
自分の芯をしっかり持っているところも憧れますし、基本無愛想なクセに四月一日のピンチの時には必ず助けににくる。

しかもさり気なく。男前すぎる。

アニメ版は第二期シリーズもあるようなので、続きをそのうち観たいと思います。

DVD、Blu-ray版はこちら
利用した動画配信サービスはこちら
U-NEXT

31日間無料体験実施中!

U-NEXT公式サイトでチェック

それでは、素敵なアニメライフを!

アニメが好きな方はこちらもオススメ

※U-NEXTについて
本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました