スポンサーリンク

ゴスペルが好きになる|映画『天使にラブ・ソングを』シリーズのあらすじや感想

映画 天使にラブ・ソングを・・・

一人のシスターが巻き起こすハートフルコメディ映画『天使にラブ・ソングを』シリーズ。
そのシスターを演じるは「ウーピー・ゴールドバーグ」。

歌あり笑いあり、そしてちょっとウルっとくる楽しい映画です。

映画は1作目『天使にラブ・ソングを』、続編となる『天使にラブ・ソングを2』と公開されています。

あらすじ、キャスト、感想などをネタバレ部分は隠してご紹介します。

スポンサーリンク

『天使にラブ・ソングを』シリーズ概要

ナイトクラブのクラブ歌手「デロリス」は、大物マフィアのボスの愛人だったが、
裏切り者を始末する現場を目撃してしまい命を狙われることに。

身を守るために警察から紹介された場所はなんと修道院。

しかし、そこでの規律は厳しく、何か仕事をしなければご飯を食べる資格がないという「働かざる者食うべからず」精神。

奔放なデロリスが修道院の仕事をこなすのは難しく、頭を抱えた修道院長が命じたのは「聖歌隊の指導」だった。

聖歌隊はお世辞にも歌が上手いとはいえないシスター達の集まり。

果たしてデロリスは、落ちこぼれシスター達をどう指導しどう変わっていくのか。
さらには修道院の外へ飛び出し、とある学校の落ちこぼれ生徒の指導も任されていくことに―――

第1作目『天使にラブ・ソングを』では、デロリスが「修道院に転がり込むきっかけ」から始まり修道院とシスター達がとう変わっていくのか描かれ、

続編となる『天使にラブ・ソングを2』では、修道院を飛び出し社会奉仕として学校の生徒達の指導に奮闘するストーリーが描かれています。

「歌」×「成長ストーリー」が軸といえる映画です。

こんな方にオススメ!
  • ほっこりするハートフルな作品が好き
  • 笑えるコメディが好き
  • 歌やミュージカル、ゴスペルが好き
  • ウーピー・ゴールドバーグが好き
  • スカッとして心が明るくなる作品が観たい

『天使にラブ・ソングを』のあらすじ

ナイトクラブの歌手「デロリス」。
彼女は大物マフィアのボス「ヴィンス」の愛人だった。

ある日、ヴィンスが裏切り者を始末する現場を目撃してしまい命を狙われることに。

身の危険を感じたデロリスは、警察に駆け込み「助けてほしい」と懇願する。

大事な重要参考人として彼女を保護することに決めた警察は、ヴィンスの裁判の日が来るまで身を隠すよう告げる。

その場所はなんと修道院。
シスターたちが毎日規律を守り、神に祈りをささげる神聖な場所だった。

規律を守る教会では、奔放なデロリスをあまり歓迎したくない気持ちもありながらも引き受けることに。

単に身を隠すだけだと思っていたデロリスだったが、
修道院の院長から「働かざる者食うべからず」と言わんばかりに聖歌隊の指揮者に任命される。

聖歌隊の実力は、聴く人がみな諦めているかのような残念っぷり。

しかし、デロリスが関わったことで様々な変化が巻き起こる―――

『天使にラブ・ソングを』キャスト

デロリス・ヴァン・カルティエ / シスター・メアリー・クラレンス(写真:真ん中)

ナイトクラブの歌手。
マフィアに命を狙われた為、修道院へ身を隠すことに。
「シスター・メアリー・クラレンス」という名を与えられ、聖歌隊の指揮者に任命される。

女優:ウーピー・ゴールドバーグ
日本語吹き替え:片岡富枝


メアリー・パトリック(写真:左)

聖キャサリン修道院のシスター。
大柄でふくよかな体型で陽気。
歌やダンスが大好きで聖歌隊に所属しており、楽しさからついつい声が大きくなってしまう。

女優:キャシー・ナジミー
日本語吹き替え:さとうあい


メアリー・ロバート(写真:右)

聖キャサリン修道院のシスター。
小柄で細身。内気な性格で、話す時も声が小さくなってしまう。
修道院に入ってきたデロリスが溶け込めずにいるところを気遣う優しい気質の持ち主。

女優:ウェンディ・マッケナ


修道院院長

聖キャサリン修道院の院長。
規律に厳しく、神に仕える身としてきちんとしなければならないという厳格主義者。
奔放なデロリスをかくまうことをよく思っておらず、何かと対立してしまう。

女優:マギー・スミス

『天使にラブ・ソングを』予告動画

出典:『天使にラブ・ソングを…(Sister Act)』 予告編 Trailer 1992.

『天使にラブ・ソングを』感想、見どころ(ネタバレなし)

見どころポイント
  • 元気が貰える何度も観たくなってしまう名作
  • ウーピー・ゴールドバーグの演技が光る
  • 落ちこぼれ聖歌隊がめきめき成長する姿が楽しい
  • 音楽、歌、ゴスペルの素晴らしさを知れる

元気が貰える、何度も観たくなってしまう名作

元気を貰いたい時にイイ、何度も観てしまう作品

正直、何度も観た作品です。
誰もが刺さる、落ちこぼれがメキメキ成長する王道でもあり元気が貰えるストーリー。

コメディ路線なので、終始楽しく、すごく安心して観ることができます。

そんなコメディチックな雰囲気ですが、最後はウルっとさせられる。
この盤からクライマックスに掛けてのストーリーの盛り上がり方が素晴らしい。

ウーピー・ゴールドバーグの演技が光る

この人なくしては完成しない

管理人が「ウーピー・ゴールドバーグ」というハリウッド女優をきちんと知ったのがこの作品でした。

なんてコメディが似合う女優なんだ、と思うくらい演技が光ってました。
さらに歌も自身が歌い上げている。すごい。(月並みな感想)

この作品が彼女の人気を不動にしたものだと誰もが感じているはず。
ウーピー・ゴールドバーグのことを知りたい人は観るべし。

落ちこぼれ聖歌隊がめきめき成長する姿が楽しい

成長ものストーリーって何故こんなにワクワクするんですかね

皆が頭を抱えるぐらい歌がヘタな聖歌隊。

そんな聖歌隊が実際にいたら聴いてみたいほどのヘタっぷり。

シスター達を一生懸命導き見捨てないあの厳格な修道院長も、歌が始まった途端に気まずい表情が隠せないところが笑えます。

ミサに訪れた人々も聖歌隊が歌い始まると表情が曇る曇るw

しかし、デロリスが来たことによってこの落ちこぼれ聖歌隊が生まれ変わるんですよ。
シスター達が実力を開花させていく過程にとてもワクワクさせられました。

音楽、歌、ゴスペルの素晴らしさを知れる

この映画を観たらゴスペルを習いたくなってしまう

本作品の軸となるのはやはり「音楽」。
デロリスがクラブ歌手ということで色んな歌が聴けます。

聖歌隊が歌うのはもちろん聖歌なわけですが、デロリスはそれをアレンジ。
きちんとした聖歌とゴリゴリにアレンジした聖歌のギャップが楽しいです。

ゴスペルの素晴らしさもこの作品で知れました。

他にも、クラブで歌っていた曲の歌詞を替え歌にしたり。
そんな歌は好ましくないとお怒りの院長とデロリスとの、バチバチな関係の行方も見てほしいところ。

デロリスが入ってきたことにより、聖歌隊のみならず色々な事や人が変わっていく姿が本当に見ていて気持ち良い。

最後はちょっとウルっとするハートフルコメディな作品です。

DVD、Blu-ray版はこちら
利用した動画配信サービスはこちら
U-NEXT

31日間無料体験実施中!

U-NEXT公式サイトでチェック

『天使にラブ・ソングを』シリーズは今のところ動画配信サービスではレンタルが多く、コスパの良いdTVAmazonプライムビデオでもレンタルになっています。

利用したU-NEXTでもレンタルなのですが、上記の無料体験なら動画見放題の他にポイントが600円分付いてくるので、それを利用して観ることができます。

『天使にラブ・ソングを2』のあらすじ

前作から1年後、デロリスは修道院を去ったあと二流スターとして忙しい毎日を送っていた。

ある日、聖キャサリン修道院で特に仲の良かったシスター3人が突如デロリスの元へ訪れる。

再開を楽しむ一同だったが、実は訪れたのには理由があり、ふたたびデロリスに力を貸して欲しいとシスター達から依頼される。

それは、聖フランシス高校の生徒達に手を焼いているとのこと。
シスター達は社会奉仕として生徒達に授業を教えていたものの、受け持ったクラスはやんちゃな子供ばかり。

そこで、以前修道院で聖歌隊の指導経験のあるデロリスに助けを求めたのであった。

本業の仕事も忙しく、一流スターとしてあと一歩のところまで来ているデロリスは気は進まずにいた。

しかし、お世話になった恩や自身の母校でもあった為、依頼を引き受けることに。

シスター達から「やんちゃな生徒」と聞いていたものの、パワフルなデロリスは物怖じせず学校へ訪れる。

だが、受け持った生徒達は予想を超えた「やんちゃっぷり」だった。
さらには、このままでは廃校になる話が浮上。

言うことを一切聞かない生徒たち。
廃校になる母校。

果たしてデロリスはこのピンチをどう切り抜けるのか―――

『天使にラブ・ソングを2』キャスト

デロリス・ヴァン・カルティエ / シスター・メアリー・クラレンス

ナイトクラブの人気歌手。
前作でお世話になった修道院からお願いされ、母校でもある高校の社会奉仕を手伝うことに。

女優:ウーピー・ゴールドバーグ
日本語吹き替え:片岡富枝


メアリー・パトリック

聖キャサリン修道院のシスター。
大柄でふくよかな体型で陽気。
前作でデロリスと仲良くなり、今回ラスベガスへお願いに訪れる。

女優:キャシー・ナジミー
日本語吹き替え:さとうあい


メアリー・ロバート

聖キャサリン修道院のシスター。
小柄で細身。内気な性格で、話す時も声が小さくなってしまう。
前作でパトリック同様デロリスと仲良くなり、お願いする為にラスベガスへ訪れる。

女優:ウェンディ・マッケナ


リタ・ルイス・ワトソン

デロリスが社会奉仕で担当することになったクラスの女子生徒。
クラス全体で反発する中でも、特にデロリスに強く反発する。
その理由は家庭の事情もあるようだが…

女優:ローリン・ヒル


ウェスリー・グレン・ジェームズ

リタと同じクラスの男子生徒。
黒人であることを誇りに思っている。
デロリスのアドバイスで自身の才能を開花させる。

俳優:ライアン・トビー

『天使にラブ・ソングを2』感想、見どころ(ネタバレなし)

見どころポイント
  • 元気を貰える映画第2弾、デロリスのパワフルっぷりは健在
  • 悪ガキ共をデロリスはどう扱うのかワクワクする
  • 若い人達が悩む将来への不安、葛藤
  • 中心的な女子生徒を演ずるのはR&B歌手「ローリン・ヒル」

元気を貰える映画第2弾、デロリスのパワフルっぷりは健在

デロリスのパワフルっぷりが気持ちいい

前作を観た人はご存じの「ウーピー・ゴールドバーグ」演じるデロリス。
2でも健在で本当に気持ちがいい。

本人は「めんどくさい」「関わりたくない」と口では言っていても、放ってはおけないのがデロリスのいいところ。

そして困りごとをポジティブ精神で解決していくんですよね。
見習いたいもんです。

今回は悪ガキ共やんちゃな生徒達が相手なワケですが、そのポジティブ精神でどう接していくのかぜひ観て欲しい。

悪ガキ共をデロリスはどう扱うのかワクワクする

デロリスが生徒達とどう接していくのかワクワクが止まらない

前作ではシスター達でしたが、今回はまぁやんちゃな生徒達の指導をすることになります。

クラス全体が授業放棄をしているような状態。
学校の教員達もほとほと困り果てている様子。

さすがのデロリスも生徒達のやんちゃっぷりに手を焼き、シスター達に「無理!」と言う始末。

しかし母校でもあるこの高校に「廃校」の噂がデロリスの耳に入り、ここからが本領発揮するわけですよ。

生徒達、高校の行く末を見届けて頂きたい。

若い人達が悩む将来への不安、葛藤

高校生が主役の今作、現代にも通ずる将来への不安が描かれる

今作は「高校生」ということで、将来のことについて切実に考えなければいけない時期。

それぞれの悩み、さまざまな家庭環境の理由から不安や葛藤が描かれます。

現代にも通ずる悩みを持った生徒たちはどう決断するのかもポイント。

将来に悩む若者や、進路に悩む学生、そんなお子さんがいる親御さん。
こういう悩みを抱えている人たちにもおすすめかもしれない。

中心的な女子生徒を演ずるのはR&B歌手「ローリン・ヒル」

『天使にラブ・ソングを2』でローリン・ヒルを知った人も多いのでは

一番最初にこの映画を観た時は知らなかったのですが、何度か観て「歌手なの!?」とビックリしました。ハイ。

確かに歌がべらぼうに上手かった。

若かりし頃のローリン・ヒルを観たい人はぜひ。

さて、この『天使にラブ・ソングを』シリーズは「歌」も主役なわけですが、
彼女だけではなく美声、歌ウマな持ち主がどんどん登場するのでそこも楽しんで頂きたい。

そして、まさか修道院長がマクゴナガル先生だったとは。(今頃知る)

そういえば同じ顔だ…

DVD、Blu-ray版はこちら
利用した動画配信サービスはこちら
U-NEXT

31日間無料体験実施中!

U-NEXT公式サイトでチェック

『天使にラブ・ソングを』シリーズは今のところ動画配信サービスではレンタルが多く、コスパの良いdTVAmazonプライムビデオでもレンタルになっています。

利用したU-NEXTでもレンタルなのですが、上記の無料体験なら動画見放題の他にポイントが600円分付いてくるので、それを利用して観ることができます。

それでは、素敵な映画ライフを!

コメディ、ハートフルものが好きな方はこちらもオススメ

※U-NEXTについて
本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました