スポンサーリンク

グリム童話が元ネタのダークファンタジー|映画『赤ずきん』のあらすじや感想

映画 赤ずきんの画像
映画 赤ずきん (C) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. https://www.amazon.co.jp/

グリム童話で有名な「赤ずきん」元にしたストーリー、映画『赤ずきん』。

監督は「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック、製作には「タイタニック」でお馴染みのレオナルド・ディカプリオが携わっています。

あらすじ、キャスト、感想などご紹介します。

スポンサーリンク

成長した赤ずきんを中心に巡る恋の三角関係。村を襲うオオカミの正体とは…?

あらすじ

小さな村に住んでいる娘 その名は「ヴァレリー」。
彼女は美しく成長し、同じく村の住人である「ピーター」と愛し合っていた。

そんな中、親が勝手に決めた結婚話が持ち上がる。
愛するピーターと一緒になる為、ヴァレリーは駆け落ちすることを決める。

しかし、突如ヴァレリーの姉が死体となって発見される。
死因は、昔から村を襲っていたオオカミ。

生贄を捧げることで被害が出ないようになって20年。
オオカミの裏切りだと村人たちは憤り、オオカミ退治に乗り出す。

村の神父は、オオカミ退治のスペシャリスト「ソロモン神父」を待った方がいい、と村人たちに呼びかけるが聞く耳持たず。

そして、オオカミ退治に向かった村人たちは犠牲を払いつつも見事成功。
しかし、村に到着していたソロモン神父が告げる。

「原因は解決していない。村人の中に人狼がいる」

オオカミを退治した村人たちは信じず、祝いの宴を開くことに。
宴の中、とうとう原因の人狼が姿を現す。

人狼は村人の誰なのか、村を襲う目的とは何なのか。
そして、ヴァレリーとピーターの恋の行方は果たして―――

こんな方におススメ!
  • ダークファンタジーが好き
  • 三角関係の恋愛が見たい
  • 犯人探しなどミステリーサスペンスが好き
  • ゲイリーオールドマンが見たい
ファンタジーが好きな人は王道のこちらもおすすめ

キャスト

ヴァレリー

村に住む美しい少女。
同じく村に住んでいるピーターを愛している。

女優:アマンダ・サイフリッド
日本語吹き替え:甲斐田裕子


ピーター

ヴァレリーと同じ村に住む青年。
ヴァレリーを愛しているが婚約者ができたことにより、身を引くか迷っている。

俳優:シャイロ・フェルナンデス
日本語吹き替え:小松史法


ヘンリー

ヴァレリーの婚約者。
村一番の裕福な家で子息。

俳優:マックス・アイアンズ
日本語吹き替え:
星野貴紀


ソロモン神父

狼ハンター。
ヴァレリーが住む村で狼により人が殺されたため呼ばれる。
過去に退治した経験があるため、狼ハンターとして知られるようになる。

俳優:ゲイリー・オールドマン
日本語吹き替え:
辻親八

予告動画

出典:映画『赤ずきん』予告編 (C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. シネマトゥデイ

感想、見どころ(ネタバレなし)

見どころポイント
  • 童話「赤ずきん」が元ネタ
  • サスペンス寄りではなくファンタジー要素が強い
  • とはいえ「犯人捜し」のくだりは楽しかった
  • 雪の「白」と赤ずきんの「赤」のコントラストが映える
  • ゲイリー・オールドマンがトリッキーな役で登場

サスペンス系が見たくて、映画のパッケージとあらすじで判断して選んだのですが、
蓋を開けてみたら、サスペンスというよりはゴリゴリなダークラブファンタジーでした(笑)

ネタは童話「赤ずきん」から持ってきており、「村が狼に襲われる」ことやお祖母ちゃんに貰った「赤ずきん」を被ったりしています。

ストーリーは冒頭に書いた通り、サスペンス寄りというよりはラブファンタジー寄りでしたね。
ダークラブファンタジー。

割と恋愛要素強めだった気がします。
ですので、恋愛映画が好きな人はおすすめだと思います。

映画を観終わったあとに口コミを見てみましたが、

監督は「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィックということで、「ストーリーや相関関係も似ている」という意見が多かったです。

管理人はトワイライトを観ていないので新鮮な気持ちで観れましたが、知っている人は「おや?」と思うかもしれませんね。

オオカミに襲われたり戦うシーンはありますが、グロ要素も特になかったので、
グロ系が苦手な人にも安心して観られる作品です。

恋愛要素強め、と書きましたがサスペンス要素もありそこはドキドキさせてもらいました。

「村の中に人狼がいる」の発言後の、誰が人狼なのか?と皆が疑心暗鬼になっているところは面白かったですね。

結構ミスリードも多く、最後まで人狼が誰なのか引っ張ってくれたので、
そのサスペンス要素は楽しめました。

本作では、ゲイリー・オールドマンが悪役?(村にとってはあまり好ましくない人物)を演じています。

わりとトリッキーな感じを出しているので、ちょいサイコパスなゲイリー・オールドマンが見れます。
自分としてはトリッキーさが少々物足りなかったですけどねw

有名な映画『レオン』がありますが、あのぐらいのトリッキーさ欲しかった。あのキャラクターでゲイリー・オールドマンという俳優を認識したキッカケになりましたから。(笑)

そして、本作で特徴的だなと感じたのが色の使い方ですかね。

白い雪の中にたたずむ「赤ずきん」。

「白」と「赤」のコントラストがとても良かったですね。
DVD、Blu-rayのパッケージも赤ずきんが雪の中に座り込んでいる描写が印象的ですが、

これがストーリーのキーポイントともなっているので、どういう意味を持ったシーンなのかドキドキしながら見て欲しいですね。

それにしても赤ずきん演じる「 アマンダ・サイフリッド 」の肌が白くて綺麗だった・・(笑)

DVD,Blu-ray版はこちら
「赤ずきん」が観れるおすすめ動画配信サービスはこちら

\無料体験なら!/
1ヵ月まるまる楽しめるU-NEXTAmazonプライムビデオ

\無料体験を終えてしまった人は!/
圧倒的コスパが良いAmazonプライムビデオ

それでは、素敵な映画ライフを!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました